So-net無料ブログ作成

寒冷前線の影響 [雑感]

フィリピンの気候は熱帯性気候で、年間を通して暖かく、平均気温は27℃で地域によって気候にかなり差があるが、毎年1月中旬から2月の中旬頃までが、もっとも寒い時期である。マニラ首都圏では、1月に入ってから20℃を下回る夜が続くなど、朝晩がぐっと冷え込んでいる。気象庁によるとこの寒さは中国大陸からフィリピン本土に冷たい北東季節風が吹き込んでいるためで、ルソン地方全域で「寒波」が観測されている。今後も「寒波」の影響が続きそうである。

0901144.jpg
▲スモーキーマウンテン本住宅の上空

0901142.jpg
▲空はどんよりしている
コメント(0) 
共通テーマ:blog

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。